福島県伊達郡川俣町の花屋「保原屋生花店」

(株)保原屋生花店

ブログ

ホーム > ブログ > 花束飾り方講座

花束飾り方講座

今回のブログは役に立ちますよ~。当たり前の事なので、分かる人はつまらないかもですけれど・・・。

以前男性の方に『花束もらっても2,3日ですぐダメになるんだよね。』という話を伺いました。
流石に早すぎるでしょ!と思い詳しく聞いてみると、もらってそのまま飾っているとの事でした。

お客様・・・。そりゃ悪くなりますよ。

という訳で。今回はもらった花束をすぐダメにしない花束の飾り方です!!

1:まず花束をもらいます。もらわないと飾れません。もらえない方は当店で販売しております(^^)

2:リボンを外します。写真ではもう外してあります。結構しっかり結んである場合が多いのでハサミで切っちゃうと楽です。リボンを外したら花を傷つけないようにラッピ ング用紙を外しましょう。

3:ラッピングを外すと茎に何か巻いてあります。当店の場合ステムティッシュ(緑のやつ)と保水ゼリーが入っています。これもハサミでカットしちゃいましょう!
茎は傷つけないようにお願いします。またエコゼリーは無害ですので、触っても大丈夫ですよ。

4:ハサミでカットするとこんな感じ。後は花瓶にGO!です。花束もらって2日くらいはそのままでも大丈夫ですが、キレイを長続きさせるには早めにこの作業をしてあげるといいです。花瓶に入れる時は3枚目の写真の様な栄養剤を入れると更にgoodです♪

 

おまけ:キレイな花束も寿命があります。全部一緒に悪くなるのが理想ですが、置いておく環境によっても悪くなるスピードは変わってしまいます。
例えば『チューリップはまだキレイだけど、バラがダメになっちゃったな。』

良くあることですね。そうなってしまうと花束もキレイじゃないので捨ててしまう方もいるかと思います。
でもまだ見れるチューリップもったいないですよね。そんな時はもう一手間!

花束を倒してみると茎をまとめてある場所があります。紐だったり、輪ゴムだったり様々です。これをカットしましょう。

するとお花が1本1本バラバラになります。
その中から使える花を一輪挿しにするとお花を最後まで楽しめます。一輪挿しにする花は下の方を少し切って切り口を新しくしてあげて下さいね。

おしゃれな花瓶が無くても空き缶だったり、空き瓶だったり。お花一輪お部屋にあるだけで気分が明るくなると思います。男性の皆さん(もちろん女性も)一度お試しを(^_-)

花束飾り方講座はまだコメントがありません

コメントをどうぞ





最近の投稿

月別投稿一覧

最近のコメント

お問い合わせcontact

ご相談・ご質問などお気軽にお寄せください

(株)保原屋生花店
〒960-1421
福島県伊達郡川俣町鉄炮町69
FAX 024-573-4148
Mail hobaraya.hana@gmail.com

024-565-2734受付 8:30~18:30 元旦のみ休

メールでのお問い合わせFAXでのご注文はこちら